「アップサイクル」とは、そのままでは廃棄されるモノに付加価値を加えて、再生すること。リサイクルよりも環境に優しい考え方。
古民家などから出る廃材を素材として見直し、その特徴を活かしたものづくりを心がけています。

沖縄市外人住宅の古材床

依頼主の宮城さん宅は、外国の古いものや中古のものが生活の中にいい感じにユルく紛れ込んでいて散らかっていてもなんだかオシャレ(笑)なので、そのユルさに合う床を意識し制作。

宮城さんの希望もあって、糸満の古民家や畑の小屋などに使われていた板をそのまま床に。板も隙間を敢えて活かすように、目透かし仕上げのような下地組をしてみました。

その分、補強の下地加工が増えましたが、古材らしさが出た仕上がりに。

詳細

ita

浮島ガーデンのエントランスデッキ

浮島ガーデンのエントランスにデッキを作製。

デッキ上面の板塗装は、スタッフさんが仕上げました。

今までがカフェっぽい印象だったので、もう少しレストランぽい感じが欲しいとの話があり

雰囲気変化を意図、また、店内とのつながりも考えて、デッキ外板は中の壁と同じパッチワーク仕上げに。

デッキ外板のパッチワークは、額縁制作をされている方より頂いた額縁の端材をリサイクル。
デッキ以前は、地面に勾配がついていたが、デッキによって植栽やディスプレイがしやすくなった。

詳細

SONY DSC